練習報告(2015.11.23)

次回
11月28日(土) 13時30分~ 絢子先生 落合
12月6日(日)中野 菅野先生
12月13日(日)四谷
12月23日(祝水)中野
12月27(日)中野 or 落合 菅野先生
1月9日(土)王子
1月16日(土)落合 菅野先生
1月24日(日)中野
1月31日(日)王子

東日本大震災復興支援チャリティーコンサート
『ふるさとを思う--福島・川越--』~コーラスで繋ぐ友好の調べ~

・日時:2016年2月13日(土)14時開演
・場所:尚美学園大学「パストラルホール」


久しぶりの絢子先生のレッスンでした。

言葉の処理、助詞の処理など細かいのところをチェックしていただきました。
母音の響き、各パートの和音もう一度確認しましょうね。

次回はソロパートのオーディション!?するそうです。
下剋上の時です???みなさん張り切って参加しましょうね!
スポンサーサイト

練習報告(2015.11.15)

次回の練習
11月23日(祝月)13時30分~ 絢子先生 中野
11月28日(土) 絢子先生 落合
12月6日(日)中野 菅野先生
12月13日(日)四谷
12月23日(祝水)中野
12月27(日)中野 or 落合 菅野先生
1月9日(土)王子
1月16日(土)落合 菅野先生
1月24日(日)中野
1月31日(日)王子

東日本大震災復興支援チャリティーコンサート
『ふるさとを思う--福島・川越--』~コーラスで繋ぐ友好の調べ~

・日時:2016年2月13日(土)14時開演
・場所:尚美学園大学「パストラルホール」


前半はソプラノ・アルト合同、メゾと2部屋に分かれてパート練習となりました。
苦手なところを少しずつ繰り返し練習していきました。
いつもより曲数が少ないのですが、やらなければいけないことが山積みなのは同じですね。
1つづつクリアにして片付けて行きましょう!

練習報告(2015.11.7)

次回
11月15日(日)14時~王子
11月23日(祝月) 絢子先生 中野
11月28日(土) 絢子先生 落合
12月6日(日)中野 菅野先生
12月13日(日)四谷
12月23日(祝水)中野
12月27(日)中野 or 落合 菅野先生
1月16日(土)菅野先生

東日本大震災復興支援チャリティーコンサート
『ふるさとを思う--福島・川越--』~コーラスで繋ぐ友好の調べ~

・日時:2016年2月13日(土)14時開演
・場所:尚美学園大学「パストラルホール」


久しぶりの絢子先生のレッスンでした。
前半は別室でパートごとに指導していただきました。
後半はそれを踏まえて、雪が、真昼の星、安積野の芭蕉を見ていただきました。
色々厳しい指摘もしていただきましたが、見込みがあるから言ってくださるのだと思い、各自録音を聴いて自分でやれることはやりましょう!

中野合唱祭終了(2015.11.3)

j次回の練習
11月7日(土)13時30分~四谷 絢子先生
11月15日(日)王子
11月23日(祝月) 絢子先生 中野
11月28日(土) 絢子先生 落合
12月6日(日)中野 菅野先生
12月13日(日)四谷
12月23日(祝水)中野
12月27(日)中野 or 落合 菅野先生
1月16日(土)菅野先生

東日本大震災復興支援チャリティーコンサート
『ふるさとを思う--福島・川越--』~コーラスで繋ぐ友好の調べ~

・日時:2016年2月13日(土)14時開演
・場所:尚美学園大学「パストラルホール」


中野の合唱祭が秋晴れのもと無事に終わりました。
直前まで倫子先輩が細かく細かく熱心に教えてくださったので、本番も全員が集中して良い演奏になりました。
本当にありがとうございました。
講評の先生からはもっと先へ繋がるアドバイスを頂きました。
次は更に良い演奏になるように皆でがんばりましょうね。
20151103nakano.jpg

練習報告(2015.11.1)

次回
11月3日(祝火)9時30分~高田馬場~中野合唱祭本番(14時10分過ぎ頃演奏予定)
11月7日(土)四谷 絢子先生
11月15日(日)王子
11月23日(祝月) 絢子先生 中野
11月28日(土) 絢子先生 落合
12月6日(日)中野 菅野先生
12月13日(日)四谷
12月23日(祝水)中野
12月27(日)中野 菅野先生
1月16日(土)菅野先生

東日本大震災復興支援チャリティーコンサート
『ふるさとを思う--福島・川越--』~コーラスで繋ぐ友好の調べ~

・日時:2016年2月13日(土)14時開演
・場所:尚美学園大学「パストラルホール」


今日は中野の直前練習でした。
”夢見たものは”ではアンサンブルでグループを作り歌いあったりしてお互いの良いところ悪いところを聞きあい勉強になりました。
”風が”はまた一音一音母音の響きを確認しながらきれいなハーモニーが作れるよう、そして、詩を伝えられるよう、細かく最後まで練習しました。
会場の皆様に楽しんでいただけるように最後まで努力を惜しまないようにしましょうね。