練習報告(9/25)

次回の練習

10月17日(日)高田馬場 


10月23日(土)目白 菅野先生 小針さん

11月13日(土)目白

11月24日(土)目白  小針さんのボイトレ




10月3日 偲ぶ会
     
  平服でおいでくださいとのことです。
  楽譜には黒いカバーをします。
  大半の方には去年黒いカバーをお渡ししてますが、無い方、見当たらない方!?はとりあえず黒い画用紙等で
  対応してくださいね。


台風の影響が心配されましたが、オイラ達の行いが良いので、午後からは晴れました!

DSCN0001-1.jpg


先週の練習の録音を聞いてオイラ達は練習に行きたくなって連れてってもらいました。

DSCN5483.jpg


みんな上達したのかな?

DSCN5491.jpg

前回の菅野先生の練習を元にして絢子さんから今日は口のあき方とか息の回し方、母音の発音などを中心に指導してもらいました。

前回の菅野先生の録音を繰り返し聞くと、身につくので聞いてくださいとのことです。

25P ひとらよ  で落とさない。
   たずねるな  ”ず”ZU のUも大事に
          ”な”口を少し縦にあくか、副鼻腔にかける。

27P わすれすてねばならないーーーーそそぎこめ  をつなげる。
    ”ぎ”は”んぎ”みたいなかんじ

28P なげきも  ”Na ge ki mo ”母音を歌う気分で

    さけびも  ”Sa"口に空洞を作る

29P  くあいあおのやみのなかに  息を少しずつながす。 ”や”をがんばって出し過ぎると息がつづかない

    わたしのためには  口の中は”せ” 

    はなとなれ  Na re れ は ”あ”の口で下だけで”re"を出す。

30P  この世の花のあるように  リラックス感を持って、 ”こどよの"と聞こえないように”の”は鼻にあるめる。

31P  てをぬらしたましろい  の”しろい”のsubito Pは次のcresc をがんばるための準備であって極端に小さくするわけではない

32P  ひとよ  低くなって安心しない。だらけない!?

パートごとに指導を受けたりしましたが、

他のパートで言われていたことは自分のパートでも応用してね。

これだけで2時間があっという間に過ぎてしまいました。

最後に落葉松をみんなでさらっと歌いました。

DSCN5499.jpg


DSCN5503.jpg

絢子さんの歌声にはオイラタチも聞きってしまったよ。

しばらく間が開いちゃうけど、みんながんばってね。
スポンサーサイト

練習報告(9/12)

次回の練習

9月25日(土)目白 14時~
  ボイトレあり 抒情 落葉松 Veni Domine



10月3日 偲ぶ会

10月17日(日)高田馬場

10月23日(土)目白 菅野先生 小針さん

11月13日(土)未定

11月24日(土)目白  小針さんのボイトレ


DSCN5447.jpg

今日も猛暑でしたね。

その東京の暑さに負けないくらい今日の目白も暑かったです!

DSCN5439.jpg

置いて入れてカールはいじけて”アジの開き”になってますが・・・・

今日はほぼ全員出席と言う目白の会場も狭いくらでした。

なぜなら

DSCN5457.jpg

今日は11月の合唱祭と、10月の偲ぶ会に向けて、菅野先生をお迎えして初めての練習でした。

初めての先生なのでさるちゃんたちもドキドキでしたが、先生も多分ドキドキだったと思います。

猛暑の中ありがとうございました。

”響き?ハーモニー?はきれい”と言ってもらえましたが・・・・

康夫先生の時は”声にコレステロール”と言われたけど、、、、

菅野先生には”声が厚化粧”と言われました。

どっちにせよ、声に”加齢臭が漂っている??????”

ねえさんそれは事件です!

DSCN5442.jpg

抒情は2小節ごとくらいに、手直しされながら練習しました。

響きが”下がっている”とどこの部分でも言われました。

各パートも個々に指導されたりしました。

DSCN5459.jpg

meno f はfではないけど、感情はフォルテの強さを持ってだそうです。

母音が開すぎの部分は気をつける。

い母音を気をつける。

この辺りは絢子さんのボイトレで治してもらうように宿題だそうです。


落葉松はほぼ治すところなく!?ホントか?

う母音が注意されました。

思い出がぬれる  のところは話すような感じで正確にリズムを刻む必要はないとのことです。

オヤジギャク満載でしたが・・・普段高校生を指導している先生、”オバサン”たちの反応はいかがだったでしょうか?

先生が普段指導している合唱団の中には80近くの方たちもいらっしゃるとか・・・・

フィメールのみんなもがんばってね。

日曜なのに快く場所を提供してくださった教会の方々、ユミ先輩、ありがとうございました。