先生の記事(4/4 記事追加・改良)

次回の練習

4月10日(土)目白  14時~
木下牧子 三つの抒情 夕焼け小焼け等



4月25日(日)中野 ボイトレ予定

5月16日(日)中野

5月29日(土)目白 ボイトレ予定


マキ先輩より3月20日21日の●報●友新聞に掲載された、康夫先生の関連の記事が送られてきました。

先輩ありがとうございます。

葬儀の記事のほか1追加しました。
記事のスキャンをしなおしました。



yasuo1.jpg

これ以降サムネイルにしてあります。

320minpou.jpg


320.jpg


320minyu2.jpg


321minyu2.jpg

321minyu3.jpg

sougi.jpg

懐かしい記事も出てきたそうです。

2002.jpg

スポンサーサイト

訃報(3/22)(追記追加3/24)(6/20訂正 )

次回の練習

4月10日(土)目白  14時~
木下牧子 三つの抒情 夕焼け小焼け等



4月25日(日)中野 ボイトレ予定

5月16日(日)中野

5月29日(土)目白 ボイトレ予定


DSCN5169.jpg


東京ではサクラがあちこちで咲き始めています。そんな中・・・
3月19日に恩師である渡部康夫先生が逝去されました。

今までにたくさんの病気をされていても、いつも復活されていたので、今回も・・・・と期待していたのですが、
とても残念です。

でも、最後に入院された時もも食事もきちんとされて、穏やかに過ごされて、4月の練習に東京に来るのも楽しみにされていたそうです。

そんな先生を偲んで
もともと練習予定日だったこともあって、中野で練習を予定通り行いました。

葬儀出席のために帰省されている人も多いのでどうかな・・・と思ったら思いのほか集まりました。
DSCN5175.jpg

DSCN5176.jpg


先生が次の練習で指導してくださるはずだった”夕焼け小焼け””ふるさとの夜に寄す”そしてやっぱり校歌と”花かつみ”

先生に気持ちが届いたかな?

その後通夜に出席のためにほとんどの人が帰る中、諸事情により帰省できない人たちで”個人練習したい”という嬉しい申し出によって練習は続行されました。

DSCN5178.jpg


先輩や先生がいなくても各自纏まって練習するという安女の良い伝統は受け継がれています。
先生安心してね!


ご家族の了承を得て祭壇の写真を撮影させていただきました。

DSCN5180.jpg

指揮をしている写真を遺影に使う話もあったけど、奥様が“優しい顔が良い”とおっしゃってこのお写真に。

DSCN5179.jpg

祭壇のお花の中に♪が踊っています。

先生のご遺体はとてもお優しい顔でしたし、指揮棒も握ってました。
棺の上の花束には折り紙でピアノが作られておかれていて、最後まで音楽が周りにあったようです。

会場では”ラシーヌ”が流れていてみんなかなり”ドキドキ”してました(^^;)
先生と一緒に歌ったことを思い出したりしてました。
歌いそうになった人もかなりいたようです(^^;)

ラシーヌ賛歌の他に、フォーレのレクイエムも流れていました。
どちらも先生の大好きな曲だったそうです。

先生の戒名も”唱導院偉巌康功清居士”という先生にとってもふさわしいお名前でした。

読経と焼香が終わった後、OGが集まってノン先輩の合図で校歌と花かつみ歌いました。

先生にダメダシされそうでしたが・・・・先生喜んでくれたかな?

DSCN5182.jpg

東京組からもお花送らせていただきました。

会場の外には先生の思い出コーナーがありました。

DSCN5187.jpg

DSCN5183.jpg

そこには今日の新聞も
DSCN5185.jpg

先生に関するここ数日の記事はノン先輩のほか、マキ先輩が地元新聞●報・●友を集めてくれるそうなので、待っててね。

DSCN4854.jpg
先生オイラタチ覚えてる?
先生と初めて会った時の写真だよ。
先生が居なくてもちゃんと練習してるかオイラタチが見張ってるからね~。
先生も見守ってね。

今まで本当にありがとうございました。

追記
マキ先輩と絢子さんから告別式の報告がノン先輩へ送られてきました。
ここに掲載させていただきます。

マキ先輩
終わったのは、13:00頃でした。
昨日より多い、おそらく250前後のたくさんの方がきてました。
OG代表では、十文が弔辞を読みました。
高麗先生、十文の弔辞に泣かされ、最後の菅野先生のご挨拶で…号泣…菅野先生
も途中で鳴咽で話せなくなり…。心の伝わる告別式でした。
私達は式の途中で、校歌をうたい、また出棺の時には花かつみを歌って、最後、
先生のお車が出発される時に校歌を歌いました…。
東京にいる、みんなの気持ちを感じながら、康夫先生をお見送りいたしました。



絢子さん
先程1時に康夫先生を皆さんでお見送りし、無事に告別式を終える事ができまし
た。
高麗先生、十文字先輩の弔辞に菅野先生のご挨拶では250人を超える参列者の涙と
嗚咽に会場が包まれました。
美奈子さんの指揮で校歌を式の中で歌い、棺のお見送りには花かつみをエンドレ
スで歌い最後に車が見えなくなるまで校歌を歌いました。
今日いらっしゃれなかった東京組の皆さんの代わりにお見送りさせて頂きました

これから淋しくなりますがみんなで康夫先生の音楽を歌い続ける事ができるよう
に、私も微力ながらお手伝いさせていただきます。
どうぞ皆さんに宜しくお伝え下さい。


ありがとうございました。
とても素敵な!?告別式で先生をお送りすることができて本当に良かったですね。
絢子さんの言うとおり、これからも先生の音楽をみんなで繋いでいこうね!

マキ先輩より
24日の新聞に葬儀の記事が載っていて、参列者600人だったそうです!
先生の人柄がうかがえます。

3月13日練習報告(3/16改)

次回の練習

3月22日(祝月)中野 13時00分~
中野は13時から入室可能です。

三善晃”三つの抒情””夕焼け小焼け”



4月10日(土)目白 

4月25日(日)中野 ボイトレ予定

5月16日(日)中野

5月29日(土)目白 ボイトレ予定


今日はとても暖かかったですね。

オイラタチも一緒に練習行ったよ。

週末はいつも天気が悪かったのでうれしいね~

まずは棗の歌から

少しゆっくり歌って各パートの音を確認しました。

DSCN5157.jpg

みんな音は取れたかな?

”まいばん”のところは符点のところに”ん”

49P3小節目アルト”なつめ”のつES音 4小節目へりましたのソプラノF音 メゾEs音大切な音なので大事に

5小節目メゾ”まいばん”アルトと揃える。アルトの”まいばん”は”へりました”へ向かって行くように。

なつめの”つ” なくなったらの”く”など時々発音が悪いので気をつけるように。

50P16小節目アルト”よいのでしょう”美しく

51P27小節目ソプラノ わかれの”わ”ちゃんと出す。

ソプラノ”こりもなく”のリズムが悪いので気をつける。
DSCN5162.jpg



”さびしいカシの木”

だいぶできてきたので曲想をもうすこしつけて。

20P20~21小節目 ソプラノの音が不安定なので気をつけること。

”めばえ”

母音だけで練習しました。

響きがとってもきれいに聞こえます。

”夕焼け小焼け”

初めての人が多いので、ノン先輩がさらっと2度ほど弾いてくれたのを聞いただけですが、

楽譜を見ると音がドンドン増えて行くので各自自分の歌うところを確認しておいてください。

DSCN5158.jpg

ソプラノ1とアルト2の人は自分の歌うところが分かりやすいけど、メゾの人たちがんばってね。

”三つの抒情”

今まで歌ったことのある人も一度フラットな状態に戻して楽譜通りに歌う練習をしておきましょう!

DSCN5155.jpg

今日も気持ち良くお昼寝できたよ。
みんなありがとう!

次の練習まで1週間くらいしかないけど、ボイトレがあるので3連休だけどがんばってきてくださいね~。