練習報告(9月23日)

次回の練習10月5日(日)中野13時~です
 宇月東さんボイトレもあります!
ラシーヌ・ロッシーニ・黎明校歌をおもちください!
  
 さるちゃんは休日出勤の可能性があるためにマキ先輩にカギっ子諸々お願いしています。
   どうぞよろしくお願いします。


以降の練習
10月25日(土)目白(康夫先生)
11月1日(土)目白
11月3日(祝・月)本番

11月30日(日)中野
12月は14日or23日の抽選を申し込みました

あ、前にさるちゃんが話していたマエストロ・オザワの合唱!今年あるかどうかもそろそろリサーチしておきますね!
あるとしたら12月ですよ~好ご期待!?

DSCN4010.jpg

と思っていじけていたおいら達の気持が神様に通じて、今日は晴れていたのに・・・・
さるちゃんは出かけてしまいました・・・・・

出かけた先はもちろん中野!
おいら達のおやつも買ってくれるはずだったのに・・・・売ってなかったんだって・・・

恨みます・・・・

悔しいからエコノミー症候群になってやる!

DSCN4013.jpg

                なにも定員1匹のところに2匹はいらなくってもね・・・・・


DSCN4009.jpg

ふぁ~苦しかった・・・・
で、今日は何をしたの!?

まず、小針さんが来てくれて、先日マキ先輩からのMLの補足です。
CDとかも聞かせてくれました。
今のところ、絶対ダメという人は少ないので、人数はクリアできそうです。
ただ5回の練習を全て参加という条件はかなりキツイので、その辺を考慮してほしい旨を主催者側が譲歩してくれればOKになるとなりました。
ので、参加を希望していた方はまたマキ先輩からの連絡を待ってください。

そして、軽く発声をした後に、ロッシーニです。

先日のイタリア語聞きたかったのだけど、そんな時間もなく・・・・
でも、ホリコシさんがいろいろ調べてくれていて、さるちゃんに教えてくれたので、またサルちゃんも調べ直すらしいんだけど、さるちゃん、これから残業が続いておいら達の散歩もしなくなっちゃうから、堀越さんがおいら達にメールもらえたらとっても嬉しいです。散歩の時間ができるかもしれない!!!

小針さんからは 子音が重なるところ、母音が重なるところ、それぞれはっきりと発音するようにアドバイスもらったよ。

speme SとPの間にUを入れない
questo ク エ ス ト

L'al Hの音にアルが来る漢字

coi divo in can to
De ter gi il piannto

のところは腹筋を使う。  
canto
pianntoのところに重点を置いて歌う。

Dam mi co ダン ミ  コ  のDam のmをはっきり

といった感じですが・・・

そうこうするうちに、康夫先生登場・・・・

今回の練習はcreceと文字で書いてある時と記号で書いてあるときは違うということ。
pやfの記号を忠実に守ることを言われました。

15PのPer cui s'in はソプラノでいうところのcの音にイの発音が来ますので、アルトの人はgをクーイと数えてそろえてください。


ラシーヌはもっと音遊びをするように注意sれました。

強弱はもちろんですが、2音つづけてのところとかはもと軽く発音するように。

母音でのばす音はもっと軽く遊びを入れる。

Di vin Sau veur みたいなところです。

veur Jet のところはrとJをくっつけて"ルジェ”みたいなかんじです。

黎明の校歌を少ししました。



なんとか時間内に終わって、今日も飲み会だったらしい・・・・・
今日は若手NO1のケイコちゃんが来てくれたので先生もルンルンだったて!
あと、別な合唱団の練習を終えてから来てくれた前田さんも合流。
千代先輩やカンコ先輩などあまり合流できない先輩がいっぱい来てくれて楽しかったらしいです。


今日行った飲み屋の店員さんが、”何の集まりですか?”って聞かれたんだって。
さるちゃんは”サークルみたいなもんです”と言ったらさらに、”何のサークルですか?”ていうから、
”コーラスなんですけど・・・・・”と言ったら
”あのおじいちゃんは????”
”先生です・・・・高校時代の先生で、みんな年は違うけど同じ高校なんです(^^;)”
とさるちちゃんが恥ずかしそうにいったら、
”僕も音楽系やってるので今度ぜひ教えてください”と言われたらしいよ。

よっぽど楽しそうなメンバーに見えたんだよね、きっと!

5日まで立て続けにあるけど、みなさんよろしくね!



  


スポンサーサイト

イタリア語って難しい(番外編)

さるちゃんがイタリア語の辞書を古本屋で買ってきました。
なんと105円です!
本当はもっと大きな辞書がほしかったんだけど、近所の図書館にも置いてなくて、本屋で見たら7000円!フランス語やドイツ語は4千円くらいでかえるのに、やっぱり需要と供給のバランスは難しい・・・

都会の図書館、結構1つの区に何箇所か設置されているが、そのために本がバラけて置いてあって在庫が少ない。
便利なようで不便だね。

古本屋にあったのはコンパクトの辞書です。

先生の宿題やってましたよ。

恥を忍んでおいら達が暴露しちゃいます。
だれか添削してあげてください!

英語と違って勝手に変換されているから、もとの言語を探すのが大変だったらしい・・・

o di pietosa    oh 感嘆詞 di 前置詞  pietoso慈悲深い

Mistica speme    mistica 神秘 sperare 望む  me 私

L'al ma che geme    La定冠詞 ma 感嘆詞  che 関係代名詞 pemere苦悶する

Da questo suol    Da 定冠詞 questo このこんな solare 太陽の3人称

col di voin canto    con ~と一緒に+il その voi 君たち  canto 歌 叙事詩

De ter gi il pianto    di+eterno? gia+il pianto 涙 悲しみ


Del nostro doule    di+il nostro 私たち  dolere 痛み


o gnun ti invoca     ti 2人称 invocare 神に祈る



Celeste aureola     celeste 天の  aureola 栄光



そして肝心の
Speranza


1時間かかってこれだけらしい

元の詩がないかどうかまた調べるらしいけど。。。。

おいら達ははっきりいって退屈です!
だれかもっと効率よく調べていたらおいら達にメールください!
DSCN3995.jpg
DSCN3994.jpg

9月14日練習報告

次回の練習は
9月23日(火祝) 中野 13時~です
ラシーヌ、ロッシーニ、黎明の校歌をおもちください。
小針絢子さんボイトレ
康夫先生です。
鍵がもらえるのは13時~なので、その辺を考慮して集まってくださいね。
はじめに事務連絡を済ませ、
13時30分ころから声だしです。


康夫先生からの宿題!span>

ロッシーニの歌詞の意味を調べてください。とのことです。
さるちゃんが土日に図書館へ行くと言っていたけど(イタリア語の辞書がないため)
犬語すら理解できないさるちゃんが役に立てるとはおいらたちは思いません!
                                          ヒドイ(><)

他の方もぜひお願いします!
ラテン語に明るい!?ユミ先輩あたりを期待しているオイラたちです(逆指名!?)



それ以降
10月5日(日)中野(康夫先生) 宇月東さんボイトレ
10月25日(土)目白(康夫先生)
11月1日(土)目白
11月3日(祝・月)本番

11月30日(日)中野


12月の練習日を決めたいので、遠藤さんまで都合の悪い日を連絡してください。


ではでは
連休の合間だというのに、先生が来るというのでたくさんの人が集まりました!
13時集合13時30分音出しだったのに、13時にはもうたくさんの人が!

みんなイタリア語、フランス語に不安があるからちゃんと練習しようと集まったんだね。
絢子ちゃんが来てくれて、フランス語の発音から入りました。
フランス語の苦手意識を取るために・・・・

まず基本は
”アイウエオ”の母音をはっきりさせて歌うこと
子音はそれに乗せるだけ

それができたら次に暗めのアとかアとエの中間とかいろいろ工夫していくこと・・・

などを教えてくれました。

それから

”R"は巻くこと!全て巻いてください!とのことです。

でもね~サルちゃん巻けないんだよ。
今日も家でなんかブツブツ言ってるから後ろからドツイテやったよ。
運動神経鈍いサルちゃんは、なんと舌も鈍かった!
あんなに口は回るのに、ベロは回らないだしい。
だからソプラノの皆さん、サルちゃんの分もいっぱい巻いてね。
たぶん他のパートにもサルちゃんほどひどくはなくても巻くのが苦手な人がいると思うから、巻けるひとは頑張ってくださいね!

フランス語のレクチャーが終わらないうちに康夫先生登場!

一通り発音を教えてもらった後みんなで歌い始めました。

subit やクレッシェンドの計算をちゃんとすることを注意されました。

休む間もなくロッシーニ。

絢子ちゃんにはイタリア語に聞こえない!と言われたらしい・・・・

先生には付点8部♪のところがリズム感が悪いのを注意されたらしいよ。

楽譜書けないから表現しずらいけど、”タッカ タッカ タッカ”と表現する♪のことかな?


トイレに行く暇もなく、休みなしで練習したために、写真を撮る暇がなかったらしいです。

唯一の休憩時間はマキ先輩が梨とブドウを持ってきてくれたんだって!

それだけじゃなく、なんとシダさんがトラピストのクッキーまで!

みんな頑張った甲斐があったね~

かなり充実した練習だったらしく、夜の飲み会も参加者が大勢でした!

久しぶりの飲み会だからサルちゃんが参加しても許してあげたおいら達って太っ腹!
ま、帰ってから散歩に連れて行ってくれたしね!

DSCN3992.jpg

8月の練習のあった日に突然下半身麻痺したカール
休み休みだけど、今までの散歩コースを自力で完走することができるようになりました。
何度喉の奥に入れても薬を吐き出したり、リハビリの運動を嫌がって暴れたりとかしたけど、無理やり飲ませ、無理やり運動させ、なんとかここまでこれました。
生きてるってスバラシイネ!
カールの強運を皆様にも!!!

練習報告(9/6)(改)

次回の練習は
9月14日(日)中野  13時~
小針絢子さんボイトレ
康夫先生レッスンありです。
いつもより早いですがやること盛りだくさんなので、連休の中日ですが、みなさまどうぞよろしくお願いします!
出欠の連絡は各パーマス(メゾはサブパー)までお願いします。



ノン先輩からのMLご覧になってますか?
早めにお返事しなければならないのですが、とりあえず、今日の参加メンバーの中では”前向きに検討”ということになりました。
色々な経験ができるので良いのでは?という東ちゃんからのコメントも頂いています。
ただ、今の時点で参加は無理というかたは、ノン先輩まで連絡をお願いします。(月曜くらいまで連絡してください。)


それ以降の練習
9月23日(祝・火)中野(康夫先生)
10月5日(日)中野(康夫先生) 宇月東さんボイトレ
10月25日(土)目白(康夫先生)
11月1日(土)目白
11月3日(祝・月)本番

11月30日(日)中野



今日は曇りの割にはかなり蒸し暑かったですね。
目白だし、カール君の心配をいっぱいしていただいた皆さんに
元気な姿をお見せしたい!ということでおいらたちも練習に参加してきたよ~!!!
(本当は、エアコン代節約なんだよ。)

DSCN3981.jpg

今日は東ちゃんがロッシーニのレクチャーに来てくれました。
東ちゃんはイタリアに留学したりして、イタリア歌曲が得意です!

まずは発声練習から

DSCN3977_edited-1.jpg
DSCN3978.jpg

このときのアドバイスとして

発声は“歌おう。上手く歌ってやろう!”という気持ちでやるのではなく、
”今日の声の調子はどうかな?今日はここがあんまり良くないな~じゃあこうしたらよい感じになるかなぁ?今日はこんな風に歌えばいい声が出るかな~”などといろいろ試行錯誤するものだということ、いわゆるチューニングかな?を考えて試してください。とのことです。

イタリア語の読みをやって
そのあとノン先輩の伴奏で歌ってみました。
DSCN3983.jpg

おいらたち、発声のときとかは
DSCN3979.jpg
こんな感じで落ち着kなかったんだけど

歌が始まったとたんに

DSCN3982.jpg


あまりにも気持ちよくて寝てしまったよ。
音楽にはα波があるというけどほんとみたいだね!
カールのリハビリにぴったり!

歌が終わると、またモゾモゾと動くけど、歌が始まるとなんだか気持よくて熟睡でした。

読みはだいたい前にやったのと同じ感じでしょうか???

DSCN3984.jpg
カンコ先輩がイタリアのお土産にくださいました。
でもおいらたちチョコはだめなんです(><)
次はチーズかワインでお願いします!      チーズもワインもダメでしょう!

さるちゃんがイタリア行ったころは”リラ”の時代で、お土産といえば”バッチチョコ”だったらしいよ。
時代を感じるね!


Col divo in-canto Detergi il piannto 云々の下りは”おしゃべりするように”とのことです。
”歌うところ””話すところ”の区別をつけると楽しく歌えるらしいです。

”gi il"は”ジ イル”と別な言葉なので分けること

”duol"は”u"は歌わないように  最後に“ル”は言うこと。ただ、みんなのタイミングが合わないと”ルルルル”になるので気をつけましょう!

楽しんで歌っていれば、聴いている人も楽しくなるし、苦手だな~と思って歌うと、聴いてる人はつまらないので楽しんで歌ってください!とのことです。

おいらたちは十分気持ちよかったけど、実際に聞いてくれる人はもっと“耳の肥えた人”だからね~

東ちゃんはまた10月5日に来てくれるのでその時までに今日より上手になっているといいね!

来週は小針絢子ちゃんです。

こばじゅんも東ちゃんも一人の先生に統一した方がいいのでは?と言ってくれたりしますが・・・・
教え方にはそれぞれの個性がでるので、入口は違いますが、たどりつくところは一緒だと思います。
たくさんの人がいるので、それぞれ受け止める側が”合う”表現がいろいろあるので、”美味しいとこどり”みたいな感じで贅沢ですが、どうぞ懲りずにお付き合いくださいね。
教えて貰ったことはみんなそれぞれの糧になっています。
これからもよろしくお願いします。

おいらたちも今日は良い音楽を聴けてよかったです。
まさに音楽療法ですね!